• 限られた空間での接触率が高く、
    直接購買に繋がる確率が高い。
  • TVCMなど他のメディアとの組み
    合わせによる相乗効果が抜群に良い。
  • 交通広告の中では高額の部類に入るが、
    TVCMなどのマスメディアに
    比べると断然安い。
  • 地域沿線でのブランディング効果が
    高い。
  • 駅等級によって価格は異なる。
    情報拠点としての費用対効果が
    大きい。
  • 乗降人員の多い駅では接触率が高く、直接購買に繋がる確率が高い。
  • 店舗までの道案内としての役割において効果的。
  • 地域沿線でのブランディング効果が高い。
  • 特定地域に限定したピンポイントな広告展開が可能。
  • コストは、交通広告の中では安価の部類である。
  • 車体広告では特定エリアにおいて自家用車ユーザー等への訴求効果が見込める。
  • 他の情報から遮断された独占空間で、リラックスしたお客様に密度の高い訴求が可能。
    (平均乗車時間18分)
  • 東京の情報に敏感な地方からの意欲的なビジネスマン達にも訴求が可能。
  • 乗客層は、30~50代の影響力、経済力、購買力をもつビジネスマンが多い。
  • 東京特別区(23区、武蔵野市、三鷹市)では乗降客が年間6億人おり、タクシー1台につき1日40人、1ヶ月で1台1,200人にのぼる。

当サイトへお越しいただき、誠にありがとうございました。交通広告には電車バスなどがあり、どれを使えばいいかみなさまお悩みのようです。当サイトでは「どの交通広告を使えばいいのだろう?」「費用や効果はどれくらいだろう?」などのみなさまのお悩みを解決していきます。各種の交通媒体を徹底比較することで、お客様のニーズに合った媒体を見つけられるでしょう。

広告とは、移動性のある車両やその施設に付随する広告を示します。また、生活環境をとりまく様々な交通機関や交通関連施設のスペースを利用したあらゆる広告媒体の総称になります。

◆交通媒体のメリット
交通広告は、通勤や通学などの日常生活においてのコミュニケーション媒体として、幅広い業種のお客様に活用されています。通勤・通学者が毎日、ほぼ同一時間の同一車両を利用するといった特性から、短期集中で一極化した情報を伝えるのに適した媒体で、情報発信の刷り込みを効果的に行うことができます。

網の目のように広がる公共の交通機関を生かした交通ネットワークをうまく利用することで、マス4媒体(新聞・雑誌・TV・ラジオ)に匹敵する効果をあげています。従来からのエリアマーケティング的な活用を含め、アウト・オブ・ホームメディア(OOHM)という視点で見直す動きが強まっている現状になっているのです。

TO PAGE TOP

  • 会社概要
  • Q&A
  • リンク・サイトマップ
  • お問い合わせ